ジェネリックで低価格に | EDになったら、放っておかずにすぐに治していきましょう!
menu

ジェネリックで低価格に

青いカプセルをつまんでいる医者

ここ最近では「ジェネリック医薬品」という販売方法で医薬品が多く販売されているのは、ご存知でしょうか?ジェネリック医薬品というのは、海外で完成している医薬品を日本の製薬会社が日本人が抵抗なく服用ができるように改良してから販売している医薬品のことをいいます。この医薬品はなぜ広まっていると思いますか。そもそも日本の製薬会社が開発して販売を行ったほうが利益も追求できて、安全性もあるのではと思うでしょう。しかし、それが簡単にはできないのです。一から患者さんが安心して口にいれるようになるまでは、医薬品を完成させるとなると、実は相当な時間と経費が必要になるのです。新しい医薬品の開発を行うためにはまずそれができる人材が必要です。そして、開発を行うための施設や専用の道具なども準備しないといけません。しかも状態を維持するためになんと最低でも10年は見ておく必要があります。結果的に数十億円が必要になってしまうのです。そんな余裕はどこの製薬会社にもありません。また、万が一開発が成功して販売ができても元を取らないと利益にならないので、どうしても高額になってしまうのです。それでは患者さんも買いにくくなってしまいます。
しかし、ジェネリックはちょっと改良するだけなので、大きな経費はかかりません。安くて確実な医薬品を提供することができるのです。
このジェネリック医薬品はいろんな医療機関に国が推奨していますので、これからもどんどん増えて、私たちの身近な存在になっていくことは間違いありません。